沿革

第一期(1960年代)薬局チェーンの時代

個人商店「千葉薬品」からスタートし、「より良い品を、より安く」をモットーとした千葉薬品は瞬く間に消費者に記憶されていった時代です。

1960年(S35年)
9月

創業者齋藤茂昭が、千葉県千葉市中央区富士見町に売り場面積4坪の千葉薬品を開店。取引品目は、薬・化粧品。

1961年(S36)
11月

千葉薬品を法人化。

1963年(S38)
5月

千葉県千葉市中央区に2店目となる吾妻町店オープン。

1965年(S40)
10月

千葉県千葉市大宮に食品スーパーを開店。30坪型。

1966年(S41)
12月

千葉県千葉市白旗にスーパーマーケット1号店オープン。生鮮部門導入。

第二期(1970年代)スーパーマーケットの時代

高度成長期にあって豊かな時代、お客様に支持されるスーパーマーケットを指向した時代です。

1971年(S46年)
12月

千葉県千葉市中央区仁戸名に仁戸名店オープン。

生鮮の強化とグローサリーを7000品目としました。
1973年(S48年)
10月

千葉県千葉市作草部にエージェーデェー開発(株)と共同で我が国初のコンビネーションストア実験店舗・作草部店をオープン。

1976年(S51年)
6月

千葉県市原市五所にヤックス八幡店をオープン。

7月

お客様の買い物行動の多様化に対応し、店舗の長時間営業を実施。スーパーマーケット道場店を日本初の24時間営業とする。
第1回ちびっ子キャンプを開催(丹沢)。冬はスキーキャンプ。

11月

スーパー花見川店オープン

12月

スーパー佐倉店オープン。

1977年(S52年)
2月

スーパー幕張店オープン。

第三期(1980年代)多様化の時代

高度成長を続けていた日本経済は、オイルショックを経て成熟期へと向かいました。国民の生活スタイルは多様化し、本当の豊かさが求められるようになりました。当社は様々な業態を経験する事で、ノウハウを蓄積し次の展開へと進んでまいりました。

1980年(S55年)
4月

アウトドア用品専門の「アタック5」のチェーン化開始。

1987年(S62)
10月

千葉薬品共栄会発足。
お取引先様との相互の共存共栄を図り協力することが目的。

第四期(1990年代)ドラッグストア成長の時代

ドラッグストア、アタック5、スーパーマーケットの3業態のうち、ドラッグストアの業容を拡大した時代です。

1990年(H2年)
10月

千葉県佐倉市にヤックスドラッグ、アタック5佐倉店オープン。

以後、「ヤックスドラッグ」のチェーン展開開始。
1991年(H 3)
6月

齋藤幹郎が2代目の代表取締役社長に就任。

8月

医薬分業に対応し、千葉医療センター前に薬局を開局。

1993年(H 5)
4月

300坪型標準フォーマット一号店として松尾店オープン。

1996年(H 8)
8月

全店ネット構築。
チェーンストア元年。ドミナント展開スクラップ&ビルドを加速。

1997年(H9年)
4月

星久喜物流センター稼働。

5月

調剤・介護プロジェクト発足。

7月

ヘルスケア専門店、クローバーハウス1号店オープン。

1998年(H10)
6月

ホームヘルパー養成研修会スタート。
多古町でおむつ宅配サービススタート。
調剤辰巳台店を千葉労災病院前に開局。初の在宅介護支援薬局。

1999年(H11)
6月

神ア彰道が3代目の代表取締役社長に就任。

9月

3ヵ年中期経営計画策定。

21世紀ヤックスドラッグコンセプト。調剤・介護を成長させる。

第五期(2000年代)ドラッグストア成熟の時代

少子高齢社会に突入している現在、医療・福祉・介護の連携と充実・強化が求められています。当社では、在宅輸液療法のHIT薬局をはじめ、デイサービス、パワーリハビリ、ドラッグストア24時間化に対応。お買物商品のご提供ばかりでなく、様々な医療・介護サービスのメニューをそろえています。

2000年(H12年)
7月

実験第一号ヤックス上茂原介護支援センターを開設。

2001年(H13年)
6月

仁戸名町に無菌室・無菌作業台を備え、在宅輸液栄養療法に対応するHIT薬局仁戸名店オープン。

12月

検見川町に初のデイサービスセンターを開設。

2002年(H14)
4月

ドラッグ店舗標準化に着手。

2003年(H17年)
1月

ドラッグ大原初芝店内にデイサービス初芝倶楽部を設置。

パソコン、ビリヤード、マージャン、囲碁など。
5月

デイ八街中央にパワーリハビリセンターを併設店舗実験開始。

2005年(H17年)
1月

ヤックス健康院オンラインショッピングスタート。

3月

地域の高齢者の交流の場「街のほけん室」スタート。

6月

女子柔道部設立と第55回全日本実業柔道団体対抗大会の優勝。

2006年(H18年)
8月

ヤックスキャンプ創立30周年記念式典。

2008年(H20年)
6月

新創業ネクスト10構想スタート。

2010年(H22年)
7月

創業50周年記念式典を挙行。

2011年(H23年)
4月

ヤックスドラッグ富里インター店オープン。

10月

ヤックスケアタウン大網増穂店オープン。 (注)

2012年(H24年)
4月

ヤックスドラッグ鹿嶋店オープン。

4月

ヤックスドラッグ土気店オープン。

7月

ヤックスドラッグ勝浦店オープン。

2013年(H25年)
3月

ヤックスケアタウン旭入野店オープン。

4月

ヤックスドラッグ千種店オープン。

5月

ヤックスドラッグ荒川沖店オープン。

7月

ヤックスドラッグつくばみらい平店オープン。

8月

ヤックス北柏薬局オープン。

10月

本部を、千葉県千葉市中央区問屋町1-35 ポートサイドタワー28階 に移転。

11月

ヤックスドラッグ鉾田店オープン。
ヤックスドラッグつくばみどりの店オープン。

12月

フロンティア薬局綾瀬店オープン。
フロンティア薬局浅草橋店オープン。
武蔵小杉薬局オープン。
行徳薬局オープン。
草加薬局オープン。

2014年(H26年)
5月

株式会社ファミリーマートと包括提携契約を締結。

10月

ヤックスドラッグ潮来店 移転オープン。

12月

ヤックスケアタウン千城台オープン。
ヤックスドラッグ佐倉寺崎店オープン。

2015年(H27年)
2月

ヤックスドラッグ二十世紀が丘店オープン。

4月

ヤックスドラッグ酒々井店オープン。
ヤックスドラッグ長南店オープン。

5月

ヤックスドラッグ大原初芝店 移転オープン。

10月

ヤックスドラッグ多古台店オープン。

11月

ヤックスドラッグ大宮台店オープン。

2016年(H28年)
2月

ヤックスドラッグ丸山店 オープン。

5月

ヤックスドラッグ柏光ケ丘店 オープン。
ヤックスドラッグ茂原高師店 オープン。

7月

ヤックスドラッグ市原八幡店 オープン。

8月

ヤックスドラッグ勝浦部原店 オープン。

2017年(H29年)
3月

ヤックスドラッグ大和田店オープン。

4月

フロンティア薬局小岩店オープン。

6月

ヤックスドラッグ千葉山王店オープン。

7月

千葉県と「地域振興・地域貢献に関する包括協定」を締結。
ヤックスドラッグ横芝光店オープン。

8月

フロンティア薬局十条店オープン。

9月

ヤックスデイサービス大和田オープン。

12月

ヤックスドラッグ横田薬局オープン。

ヤックスドラッグ東金新町店オープン。

2018年(H30年)
4月

ヤックスドラッグ八街東店 オープン。

6月

ヤックスドラッグ千葉みなと店 オープン。

10月

ヤックスドラッグちはら台店 オープン。

ヤックスドラッグ八柱店 オープン。

11月

ヤックスドラッグ小見川店 オープン。

ヤックスドラッグ小櫃店 オープン。

(注) ヤックスケアタウンは、今までの24時間オープンのドラッグストアに加えて、調剤、宿泊可能なデイサービス、訪問介護といった居宅介護支援等の機能を有しています。地域のお客様の健康・介護の全方向のニーズに対応する新しいタイプのドラッグストアとして当社が進める店舗の形態です。