仕事を知る

総合職の仕事は、店舗で販売業務を経験後、さまざまな仕事をジョブローテーションしながらキャリアアップを図っていきます。

販売スタッフ

販売スタッフは店舗での接客やレジ販売のほか、商品の補充、入れ替えなどを行います。単に商品を売るだけではなく、お客様とコミュニケーションを取りながら商品の提案をします。

また、登録販売者資格を取得後は薬の専門家として一般用医薬品の販売ができるようになります。知識を活かして、お客様の健康に関するお悩みを解決することもドラッグストア販売スタッフの重要な仕事です。


ビューティー担当者

お客様の美容に関するお悩みやご要望を伺い、メイクアップやスキンケアの方法をアドバイスしたり、商品のご提案をします。

ヤックスの店舗には、化粧品の専門家のビューティー担当者を配置しています。

化粧品についての知識や技術を駆使して、お客様の肌の状態を判断し、年齢や体質、さらには季節など時季や用途に合わせた提案をしたり、お客様の肌色や好みに合わせてメイクアップのお手伝いも行います。


店 長

店長の仕事は、店舗スタッフの指導を行うとともに、店舗の責任者として集客力のある店舗作りをして、売上や利益を伸ばすことです。

また商品の発注、売場づくり、レジ、在庫管理などの商品管理はもちろん、スタッフ育成、売上管理、シフト管理などの店舗マネジメントも行います。

店長は自店の特徴を踏まえながら、地域のお客様から信頼と愛着を感じていただくお店づくりをしていきます。


ドミナント長

ドミナント長は、ドミナントの複数店舗を統括し、定期的に店舗を巡回して店舗運営全てにおいて支援と指導を行っていきます。

店長と一緒になっていかにお客様に満足してお買い物をしていただけるか、店舗の利益をあげることができるかなど共に対策を実行します。

また本部からの情報を店舗に提供し、逆に店舗の状態を本部へフィードバックしたり店舗と本部の橋渡し役も担っています。


バイヤー

店舗で販売する商品の買い付けをする商品の専門家としての仕事です。

どんな商品が売れるかを見極め、各商品のメーカーと交渉をして販売価格や、仕入れの個数などを決定します。また、売り場のレイアウトの作成など、どのように商品を販売するかを考えるのもバイヤーの仕事です。

販売した後も、その商品がどのくらい、どのように売れたかなどの情報を分析して、次の計画につなげることも重要です。

いつ、どんな商品を仕入れて、いくらで売ればお客様が買ってくれるかを考えるには日ごろからテレビやインターネットでの情報をチェックしたり、街で新商品をチェックしたりして、流行に敏感になることが必要です。


本部スタッフ

店舗の運営がスムーズにできるようにサポートを行うのが本部スタッフの仕事です。

営業企画・個客管理・数値管理などの営業部門、経理・情報システム・人事・総務などの管理部門があります。

それぞれが協力しあって店舗運営をサポートします。

トップに戻る