ヤックスのおすすめ商品

ビタミンについて

 ビタミンは栄養素の一つ。食べ物の成分のうち、炭水化物(糖質)、脂肪(脂質)、タンパク質、ミネラルなどとともに、5大栄養素の1つに挙げられます。炭水化物や脂肪、タンパク質の一部は、エネルギー源として、タンパク質とミネラルの一部は。体の構成物質として活用されます。  これに対してビタミンは、それぞれの栄養素の働きを円滑にするための、いわば“潤滑油”のような役割を果たしている微量栄養素です。

ビタミンの種類と作用

ビタミンA 薄暗い場所でも視力を保つことができたり、皮膚や粘膜を健康にし、細菌への抵抗力も増して病気にかかりにくくします。
ビタミンB1 炭水化物(糖質)の代謝に関わっており、エネルギーに変わる時に必要です。また脳や手足の神経が、正常に働くよう作用します。
ビタミンB2 タンパク質、脂肪、炭水化物などすべての栄養素の代謝に欠かせません。皮膚や口内の粘膜の発育を助け、保護します。
ナイアシン
(ニコチン酸、ニコチン酸アミド)
ビタミンB2と同様に、炭水化物や脂肪の代謝に関わり、皮膚や粘膜の発育作用があります。
ビタミンB6 主にタンパク質の代謝に関わり、発育促進や生殖機能を活性化させる働きもあります。脂肪の代謝にも、関与しています。
ビタミンB12 タンパク質の代謝に関係し、赤血球や核酸を合成するのに必要です。さらに、末梢神経の傷の回復に効果があり、腰痛などの治療にも使用されています。
ビタミンC 血管や細胞と、細胞の間にあるコラーゲンをつくるときに必要です。酸化を防ぐ作用もあり、体内で過酸化脂質が出来るのを抑えます。免疫力を高め、風邪を予防します。
ビタミンD カルシウムとリンの吸収を助け、丈夫な骨や歯を作ります。骨粗鬆症の予防や治療に役立ちます。また筋肉へのカルシウムの輸送を助け、筋力を維持します。
ビタミンE 細胞の酸化を防ぎ、過酸化脂質が出来るのを防ぎます。(老化を防ぐ)血管を広げ、血液の循環を良くし、冷え性や肩こりを改善します。また不妊治療や更年期障害の緩和に、役立ちます。
パントテン酸 糖質、脂質、タンパク質のすべての代謝に関わり、これらが、エネルギーに変わるのを助けます。また血糖値上昇作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成に、関与しています。
ビオチン 糖質が、エネルギーに変化する代謝を助けたり、脂肪酸やアミノ酸の代謝、DNAの成分の核酸を作るなど、人間の生命維持活動に不可欠です。ほかに筋肉痛を和らげたり、皮膚やつめを丈夫にする働きもあります。/td>
ビタミンK 出血時の血液凝固作用を保ちます。骨を丈夫にします。ビタミン類はその性質として、油や脂肪に溶けるものと水に溶けるものの、2種のタイプに分けられます。脂肪に溶けるものは脂溶性ビタミンと呼ばれ、これには、ビタミンA,D,E,Kの4種類が属します。
 一方、水に溶けるものは、水溶性ビタミンと呼ばれ、ビタミンB群(B1、B2、ナイアシン、B6、パントテン酸、葉酸、B12、ビオチン)とビタミンCの9種類が含まれます。この性質の違いは、ビタミンの摂り方にも関係してきます。
 脂溶性のものは、油と一緒に摂ると効果的。とくにビタミンAの原料になるカロチンは、吸収利用率が大幅にアップします。また体内に蓄えることができるので、多少の摂りだめは可能です。その日に利用されず残った分は、次の日に利用できるのです。でも、あまりに大量に摂りすぎると、過剰症の心配もでてきます。
 水溶性のものは、調理の際、水中に失われやすいので、手早く扱うことが大切です。また、ある程度まとめて摂っても、必要な量より多い分は尿中に排泄されてしまいます。ですから水溶性ビタミンは、毎日毎食、適量摂ることが必要というわけです。

 ビタミンは、人間の体内でつくることはできません。種類によって多少、つくることができるものでも、必要量には満たないため、外から食べ物として摂取しなければならないのです。 ビタミンは、微量ですが、毎日適量摂ることが必要で、不足状態が続くと欠乏症状がでてきて、健康を保つことができなくなります。重症の欠乏症とまでいかなくても、やや不足気味といった潜在性欠乏症の状態の人は、結構多いものです。

主なビタミンの軽い不足状態

ビタミンA 暗闇になかなか目が慣れない、眼の乾きなどが起こります。体の抵抗力が 低下して病気にかかりやすくなります。
ビタミンB1 食欲がなくなったり、体がだるく、疲れやすくなります。
ビタミンB2 口内炎や口唇炎が、できやすくなります。湿疹など、皮膚に炎症を起こします。
ナイアシン 食欲不振や消化不良、下痢などの胃腸障害や皮膚炎を起こします。
ビタミンB6 食欲不振
ビタミンB12 悪性貧血、長期にわたると神経障害に。
パントテン酸 頭痛や皮膚炎、葉酸は下痢や舌炎
ビオチン 筋肉痛や疲労感といった症状が起きます。
ビタミンC 全身の倦怠感や食欲不振の他、歯ぐきから出血しやすくなったり、ちょっとした打ち身で内出血を起こしてアザがでたり、かぜにもかかりやすくなります。
ビタミンD イライラしたり、全身倦怠感も起きがちです。
ビタミンEやK 軽い欠乏症は、とくにでません。

健康メモ

かぜを引きやすいタイプの方に・・・

かぜを引くと、身体の抵抗力が落ちてきます。より身体にウイルスが侵入しやすくなるので、防御することが必要になります。ここで必要になるビタミンは、主にビタミンA,B1,C,です。

ビタミンA 気管支や肺の粘膜を強くして、体内への侵入を防ぎます。
ビタミンB1 疲れた神経や筋肉を正常にし、体力の維持・回復作用もあります。
ビタミンC インターフェロンの生成を高め、免疫力を向上させる働きを持ちます

ヤックスでは次の商品をお奨めしています。

かぜを引くと、身体の抵抗力が落ちてきます。より身体にウイルスが侵入しやすくなるので、防御することが必要になります。ここで必要になるビタミンは、主にビタミンA,B1,C,です。

【商品名】『リキアスパゴールド2000』

【特長】
★疲れた体に効きめのタウリン2000mg配合。
★滋養強壮・虚弱体質・肉体疲労・食欲不振・栄養障害に!!

【成分】
(1) 塩酸チアミン(B1) の4種類のビタミンB群
(2) リン酸リボフラビンNa(B2)
(3) 塩酸ピリドキシン(B6)
(4) ニコチン酸アミド
とカフェインを基本成分に。

特長は、以下の四つの成分
1)タウリン…肝機能活性化、心筋に活力、疲労回復に
2)イカリソウエキス…強壮強精剤
3)ゴオウチンキ…体内の各臓器の活動を高め、全身に力をよみがえらせます
4)塩化カルニチン…食欲増進剤
を配合しているということです。

リキアスパゴールド2000