ヤックスのおすすめ商品

水虫のおはなし 水虫の要因と対策

 汗ばむ季節になると、そろそろ水虫の注意報がでます。日本人の4人に1人は水虫に悩んでいるといわれていますが、最近ではとくに女性の感染者も多くなってきています。

 水虫は、家庭内や素足で歩く場所などで感染する割合が非常に高いのも特徴です。かゆみがあり、皮がやたら剥けているなどの症状がでたら要注意。治ったように見えても、再発するのが水虫です。今から、しっかりと水虫対策をしましょう。

 水虫(たむし)の正体は、「白癬菌」という、かびの一種で、皮膚の一番外側の角質層に寄生しています。冬場のように、低温で乾燥している季節では、水虫はなりをひそめていますが、春先から夏場にかけて高温でジメジメしてくると、増殖して患部を悪化させます。

 この「白癬」が、足に発症した場合を、水虫と呼んでいます。この菌が、皮膚の表面の角質層にあるケラチンを栄養源に増えることにより、かゆみや水ぶくれなどの症状を引き起こしています。

 白癬菌は汚れを好み、温度15℃以上、湿度70%以上になると暴れ出すといわれています。ふだんから、患部の冷涼と乾燥、清潔を心がけましょう。

 角質層は、外部の刺激や雑菌からからだを守るために、大変強固にできています。そのため、いったんそこに白癬菌が棲み着くと、薬が浸透しにくく、なかなか死滅しません。しかも白癬菌の生命力は強く、はがれ落ちた皮膚の破片のなかでも生きているといわれるほどです。

  そのため水虫の治療には、角質層に成分がよく浸透して、効果を発揮する薬を選びましょう。症状が消えても、しばらくの間は根気よく手当てをすることも大切です。この白癬菌が、もっとも活動する温度は25度〜27度で、4月から7月頃となります。

水虫のほかの呼び名

 頭部に寄生すれば「頭部白癬(シラクモ)」、内股に寄生すれば「股部白癬(インキンタムシ)」、手に寄生すれば「手白癬(手の水虫)」、足に寄生すれば「体部白癬(タムシ・ゼニタムシ)」というように、水虫の呼び名は発生部位によって変わります。

水虫の種類

(1) 趾間型足白癬 足の指の間(趾間)が赤くなって皮がむけたり、ただれてジュクジュクしたり、皮が白くふやけます。
(2) 小水疱型足白癬 足の裏や側面、趾の腹などに細かな水膨れができて周囲が赤くなり、日が経つと、乾いてカサブタになります。非常にかゆいタイプです
(3) 角質増殖型足白癬 足の裏全体が、カサカサして厚く硬くなり、ボロボロと皮がむけたり、踵がひび割れて痛みを伴うこともあります。

水虫と感染

 5人に1人とも、4人に1人ともいわれる水虫患者。とくにサラリーマンの場合は、4割の人(2.5人に1人)が水虫だといわれています。困ったことに、水虫は感染します。水虫の人の皮膚からはがれ落ちた角質層には、水虫菌(白癬菌)が生きたまま残っています。

この水虫菌を、他の人が裸足で踏みつけたり、足ふきマットやスリッパを共用したりすると、水虫が移ることがあります。家族に水虫に患った人がいる場合は、とくに要注意です。しかも、気密性の高い最近の住宅は、人と同様に、カビにとっても暮らしやすい環境です。水虫菌は、人に寄生するチャンスを、いつもうかがっているのです。

治療・予防のための日常生活の注意点  
 水虫患者本人の治療が、第一です。効果の高い水虫薬を、少なくとも2か月以上はつけ続けましょう。はじめは熱心に治療していても、かゆみが消えると怠りがちになります。大切なのは「根気」です。
 患者本人はもとより、家族の方も足を清潔に保つことが肝心。手洗いやうがいと同様に、帰宅後に足を洗う習慣をつけましょう。手間はかかりますが、効果は大です。  こまめな掃除と湿気の除去で、家屋に潜む水虫菌をできるだけ減らしましょう。洗面所、脱衣所などの水回りや、スリッパ、寝具などは、いつも清潔にし、乾燥に留意してください。

ヤックスでは次の商品をお奨めしています。

ピロエースZ