ヤックスのおすすめ商品

冷え性対策

■冷え性はどうして起こる

「冷え性」・・・個人差はありますが身体が冷たいと感じたら、もう「冷え性」です。西洋医学の病名には、「冷え性」という病気はないそうです。冷たいと感じるのは、毛細血管に血液が十分に行きわたらないからで、つまり血行不良が最大の原因ということになるでしょう。

冷え性は、身体の局部的な温度感覚の異常で、その部分の血管の収縮で起こると考えられています。そのほかの原因としては、自律神経の機能低下、着類の薄着、生活習慣の乱れ、ホルモンの分泌障害、神経症、遺伝的要素、更年期障害などが考えられ、それらがいくつも重なり合い起こることもあります。

今、冷え性は、若い方からご年配の方まで、多くの方が悩んでいます。以前は、冬場の寒い時期だけの症状のように思われていましたが、冷暖房完備の家庭が大半となっている今日、通年の症状として出ている方が増加しつつあります。冷え性は、女性特有の症状の一つでしたが、最近では男性にも訴える人がいます。

女性の場合、卵巣の働きが不安定であったりすると、ホルモン分泌に支障をきたし、更年期障害と同じような症状を起こします。さらに、夜更かし、睡眠不足、無理なダイエット、運動不足が続けば貧血傾向となり、手足の冷えとなって現れてきます。

冷え性の主な原因は、身体の体温調節がうまくいかずに起こることとされていますが、その原因としては、以下のような点が挙げられます。

■水分補給のコツ

(1) 冷暖房完備の生活により、夏も冬も室内の温度が一定となった反面、室内外の温度差が激しく、皮膚にある、温度を感じる神経の機能が鈍っているため、皮膚から脳に「寒い・冷たい」という情報の伝達がうまくいかない。また、室内外の急激な温度差のある場所を出入りする生活を続けているために、気温の変化を調節する神経が鈍くなってしまった、など。
(2) 日常の強いストレスや過労などで、自律神経がうまく機能しなくなる(自律神経失調)ため、中枢からの体温調節のための指令が身体の各器官にうまく伝わらない。また、自律神経は女性ホルモンの分泌をコントロールする神経と密接な関係にあるため、とくに女性は出産、閉経後などに自律神経のバランスが崩れ、冷え性になりやすい。
(3) 無理なダイエット、運動不足、睡眠不足、栄養の偏りなどによる貧血、低血圧、それによる静脈のうっ血などで新鮮な温かい動脈血が末端の毛細血管まで届かず、冷え性になる。これらは手足の他、下腹部でもよく起こり、腰や背中の冷え性の主な原因になっている。

■あなたの冷え性はどのタイプ?

1. 全身冷えタイプ:手足のみならず、全身が冷えているタイプ。内臓の働きが鈍るのでかぜをひきやすい、胃腸の調子が悪いなどをよく訴えます。
全身の血行不良タイプ:血流のバランスが乱れているので肌の乾燥や髪、爪、粘膜などに異常をきたします。
2. 冷えのぼせタイプ:下半身にいくべき熱が上半身にこもってしまうタイプ。顔のほてりや肩こり、便秘、生理不順、婦人病を起こしやすいとされています。
下半身冷えタイプ:下半身全体が冷えています。腸や腎臓、生殖器の働きが悪くなり、膀胱炎や生理不順を起こしやすくなります。
3. 気冷えタイプ:ココロの冷え性。気が弱くなることで起こります。疲労、倦怠感、不眠症などの自律神経失調症状が現れます。
4. 水たまりタイプ:血液循環が悪く、身体に余分な水分や老廃物が溜まってしまうタイプ。むくみや肥満、高血圧、アレルギーなどの原因ともなります。

■冷え症…今すぐできる冷え対策


冷え対策には、まず体を温めることが大事です。生活の中で出来るだけ体を温めるように実践しましょう。


  • <対策1…運動>
    冷えにくい体をつくるなら運動です。運動で体温をつくる筋肉を鍛え、熱を送る血液の循環を良くすることで冷え性の体質は改善できます。家の中での軽い運動で十分です。血行促進効果のある、ウォーキングなどの全身運動も、適度に心がけましょう。
  • <対策2…食事>(体を冷やさない食生活を)
    食べ物には、体を温めるものと冷やすものがあります。果物(特に柿)や生野菜は一時的に体を冷やしすぎるので摂りすぎには注意。大根やかぼちゃなど、冬が旬の野菜は体を温めます。ご飯やパンなどの主食はしっかり摂りましょう。食べることで代謝を良くし、身体を温めることができる食べ物、とくにタンパク質をバランス良く摂ると、体温はやや高めになり、身体からの熱の発生も活発になります。香辛料は血管を拡張し、血行を良くし、体内の脂肪を燃やして体温を上げる効果があります。(とうがらし、にんにく、こしょう、ネギ、わさびなど)
  • <対策3…お風呂>
    38〜40℃くらいのぬるめのお湯に、ゆっくりつかります。のぼせてしまうときは、下半身だけの半身浴に切り替えること。このときは、上半身が冷えないように肩に温めたタオルをかけておきましょう。フットバスも効果的です。
  • ■その他、日常生活で気をつけること


    体を冷やさない服装を心がけましょう。あまりピッタリしたものではなく、少しゆとりのあるものを重ね着すると良いです。大切なのは、体を締めつけないことです。血行を悪くする原因となるきついガードルやブラジャーは、なるべく避けましょう。冬なら、靴下は2枚重ね、寒くて寝られないようなら靴下や手袋をして寝てもかまいません。熱が逃げて、行きやすい首回りやおなかは、とくに温めましょう。

  • ■健康メモ


    とくに冷え性に効果のある栄養素、ビタミンEとビタミンCをたっぷり摂りましょう。

    • <ビタミンE>主に穀類、緑黄色野菜、豆などに多い。
      手先、足先など末梢部の血管を広げ、血液の流れを良くして身体を温めます。冷えの原因である自律神経、ホルモンの乱れを改善し、体調をバランス良くコントロールします。
    • <ビタミンC>主にみかん、イチゴ、ピーマン、ブロッコリー、イモ類など。
      血液の主要な材料となる鉄分の吸収を促進し、毛細血管の機能を保持します。ビタミンEとともに、その抗酸化作用により老化による血管の劣化を防ぎ、血液の流れやすい柔らかな血管を作つくります。

今月のお勧め商品

  • 【商品名】新ビタタイムE
  • 【容量】100cap
  • 【製品の特徴】新ビタタイムEは最も生理活性の高い、α型‐天然ビタミンEが主成分。吸収力も優れており、即効性があります。毛細血管の血行促進作用により、冷えによる血液の滞りを改善します。ビタミンEには、女性ホルモンの分泌調節作用もありますので思春期、妊娠・出産、更年期等の女性ホルモンのアンバランスから起こる冷えなどにも効果的です。自律神経の働きを整える、ガンマーオリザノールも配合されていますので、不規則な生活やストレスの蓄積による自律神経失調が原因と考えられる冷え性などにも・・・。ぜひ一度、お試しください。