ヤックスのおすすめ商品

「甘い・甘い・あ〜ま〜ざ〜け〜」飲む点滴 甘酒

甘酒について

プルーン

温かくした甘酒を冬の寒い時期に飲むと、身体の芯から温まります。甘い物が少なかった江戸時代には、天秤棒をかついだ甘酒売りもいて、とても人気がある飲み物でした。甘酒には少量の塩を加えると、より一層甘みを感じることができます。また冬の寒い時期には甘酒に生姜汁を少し加えると風味が増すとともに、より一層身体が温まります。


豊富な栄養素

甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれており、これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じであるため、「飲む点滴」と呼ばれます。健康的な飲料です。

麹や酒粕は、美白成分のコウジ酸も豊富で、これはシミの原因になる黒い色素のメラニンの生成を高めるチロシナーゼという酵素の働きを抑えるため、過剰なメラニン生成を抑え、シミやくすみを防ぎます。美白にも効果アリ、酒蔵の方たちの手が白くてきめ細かいというのは有名ですね。お肌に直接塗ることで美肌効果があると言われています。

その他、保湿、ダイエット、便秘解消に効果あるとされています。

ご家族で楽しめる飲み物

プルーン 「酒」の名は付いていますが、アルコール飲料ではなくソフトドリンクであり、未成年者でも飲用が許されています。ご家族で楽しめる飲み物です。

甘酒の起源は古墳時代に遡り、『日本書紀』に甘酒の起源とされる天甜酒(あまのたむざけ)に関する記述があります。古くは「一夜酒(ひとよざけ)」または「醴酒(こさけ、こざけ(「濃い酒」の意))」と呼ばれました。

江戸時代には夏に「甘い・甘い・あ〜ま〜ざ〜け〜」と行商も多く、冷やしたものばかりでなく熱したものを暑気払いに飲む習慣がありました。俳句では現在でも夏の季語となっています。夏に飲む場合は夏バテを防ぐ効果で、栄養豊富な甘酒は体力回復に効果的ないわば「夏の栄養ドリンク」でした。非常に人気がある飲み物で、当時の江戸幕府は庶民の健康を守るため、誰でも購入できるよう甘酒の価格を最高で4文に制限していたそうです。